資格を得るのは、 ファイナンシャル・プランニング技能検定。

ファイナンシャルプランナー(FP)になるには、検定試験に合格しなければなりません。
その試験の名称は「ファイナンシャル・プランニング技能検定試験」
(=FP技能検定試験)。検定試験なので、受験ではなく「受検」です。  
検定を実施し、合否判定をし、資格を付与するのはどんな機関かというと、
社団法人 金融財政事情研究会」(=きんざい)。
ここがFP技能検定試験に関する情報発信をしていますから、
オフィシャルサイト等は必ずチェックしてください。⇒ http://www.kinzai.or.jp 
それともう一つ、「特定非営利活動法人 日本FP協会」(=日本PF協会)。⇒ http://www.jafp.or.jp/
この2つの団体が認定しており、名称や取得条件等に若干違いがあります。
両方のオフィシャルサイトでチェックするようお勧めします。
なお。受検の申し込みは日本FP協会を通して行います。
「きんざい」が認定するのは「3級」から「1級」までの
“ファイナンシャル・プランニング技能士”。
「日本FP協会」が認定するのは、AFP※1およびCFP※2です。
3級の合格者(金融渉外技能審査3級含む)は2級の受検資格を得ることができたり、
2級合格者が日本FP協会の「AFP認定研修」を修了すれば、
そのままAFPの資格が付与されたり……少々複雑ですから、
日本PF協会HPの「FPになるには」⇒「FP資格の種類」にアクセスするのが
良いと思います。
さて、私が取得したのは「2級」ですが、そのまま「AFP」も取得し、ダブルライセンスに。
これにはヒミツがあり、「フォーサイト」の通信講座が肝でした。
その辺りの説明は後々少しずつ取り上げていきます。

※1:アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナーの略。
日本FP協会の登録商標で、普通FP資格を指す。
※2:サーティファイド ファイナンシャル プランナーの略。
米国CFP BOARDの登録商標で、ファイナンシャルプナンナーの資格としては最上位。
国際資格として位置づけられている。